セッション一覧

guest-mx-matsuoka.png

Seeed株式会社

​開発者

松岡 貴志氏

mx-max.jpg

株式会社ソラコム

​テクノロジー・エバンジェリスト

松下 享平

定番から最新まで「徹底解説 IoT 向けマイコン&コンピューター」

現実世界をデジタル化するのがIoTです。そこで必要となるのが、センサーやカメラといったハードウェアとクラウドをつなげる役割を持つ「IoT向けマイコン/コンピューター」となります。本セッションでは数多くあるIoT向けマイコン/コンピューターについて種類や向いている用途について、M5StackやArduino等の定番から、ラズパイベースの産業向けコンピューター「reTerminal」といった最新モデルまでを、ゲストをお迎えして徹底解説します。

本セッションの対象者

  • IoT向けマイコンやコンピューターの選び方を知りたい方

  • 試作向けと長期運用/産業向けとの違いを知りたい方

guest-mx-hiruta.png

neuet株式会社

VP of Engineering

蛭田 慎也氏

モビリティサービスの開発で直面したリアルな課題と問題解決のあゆみ

まちの移動のつぎの習慣をつくる!毎日の「移動」に新しい価値を生み出すシェアサイクルサービスのチャリチャリ。一人ひとりの「移動」を圧倒的に便利で自由に楽しいものにするというビジョンを実現するには、ハードウェアとソフトウェアの融合を高度に、そして泥臭い部分からも目を背けず実現していく必要があります。本セッションではチャリチャリを運営する neuet でVP of Engineering を担う蛭田慎也さんから、ハードとソフトが相互作用することで実世界における価値を生み出すプロダクト開発の面白さや難しさ、そしてこれからエンジニアに期待されるマインドセットについて、 20分間でお話いただきます。

本セッションの対象者

  • 幅広い技術領域に関心を持っているエンジニア

  • 社会の問題を解決するプロダクト開発に関心を持っているエンジニア

  • モビリティ/MaaS、IoTといった技術への関心を持っているエンジニア

mx-shinji.jpg

株式会社ソラコム

ソリューションアーキテクト

竹中 紳二

初めてのIoTシステム運用!
トラブルシュート事例から学ぶSORACOM活用術

IoT システムの開発・運用フェーズでは、下記の課題に直面します。
- 通信失敗の原因の調査、意図しないデータ通信がないかといったネットワークレベルでの解析
- ネットワークの疎通確認や簡易的な死活監視
- デバイスへのセキュアで簡単なリモートアクセス
本セッションでは、SORACOM を使うとこれらの課題をどう解決できるのかという観点から、 SORACOM が提供するマネージドサービスの全体像と提供する価値をご紹介します。

本セッションの対象者

  • 現場で手を動かす IoT システム開発者

  • IoTシステムの構築を担当する方

guest-mx-ohsawa.png

株式会社アットマークテクノ

第2開発部 部長

大澤 啓明氏

guest-mx-abe.png

クラスメソッド株式会社

CX事業本部 MAD事業部 内製化支援チーム マネージャー

阿部 信介氏

mx-factory.jpg

株式会社ソラコム

ソリューションアーキテクト

​今井 雄太

IoTシステム開発の新潮流を探る!組込み向けコンテナOSと内製化支援の新スタイル

IoTの活用が拡がる中で、そのシステム開発にも新しい仕組みやスタイルが登場しています。本セッションではそれらを手がける"中の人"より、それらの特徴や狙いを存分に語っていただきます。取り上げるのはIoTゲートウェイの基盤ソフトウェアとしてのコンテナOSと、ユーザー組織でエンジニアチームの立ち上げをサポートする内製化支援サービスです。

本セッションの対象者

  • IoTシステム開発の最新情報を知りたい方

  • IoTデバイス開発でコンテナを利用したい方

  • 従来の受託システム開発がIoT向けにはフィットしないのではとお考えの方

mx-ysk.jpg

株式会社ソラコム

ソリューションアーキテクト

松本 悠輔

IoTシステム開発は通信から選ぶ!IoT向けコネクティビティの解説
〜転ばぬ先のSORACOM Air〜

本セッションでは、IoT に必要なコネクティビティを紐解き、様々な通信方式からどのように選び、どのようにSORACOMを使用すべきか、IoT の"転ばぬ先の杖"となる SORACOM Air について解説します。大量のデバイスの管理や遠隔地にあるデバイスの運用監視、試行フェーズから本番への移行、問題発生時のトラブルシューティングなど、IoTでは特有の課題があります。SORACOM Air はどのようにこれらの課題を解決し、IoT の開発だけでなく運用を見据えたリスクをどのように削減できるかをご紹介します。

本セッションの対象者

  • IoTに必要なコネクティビティ(通信手段)を学びたい方

  • SORACOMプラットフォームを使ってみたい方/既に利用し、システム構築している方

mx-max.jpg

株式会社ソラコム

テクノロジー・エバンジェリスト

松下 享平

mx-factory.jpg

株式会社ソラコム

ソリューションアーキテクト

今井 雄太

今日からあなたもIoTに挑戦!
〜IoTチャレンジ6選を一挙公開〜

安価なデバイス、1日から使えるクラウドの登場で、アイディアを素早く形にすることが出来ます。SORACOM Tech Daysの最終セッションでは、ハードウェアとソフトウェアを融合し実現した業務改善/生活を豊かにした仕組みを、開発者に語っていただきます。今日から一人でも始められる、IoTの作り方を具体的な技術要素と共にご紹介します。 

  • Twitter

「IoTボタンで祖父のために呼び鈴を作った」

今井 孝太

    「SORACOMとIoTの子育てへの活用事例 - 娘のお迎えをLifeHackしてみたよ」

    株式会社コネクティボ 金築 理恵

    • Twitter

    「SORACOMとラズパイで郵便受けの中身を確認できるようにする」

    池田 大

    • Twitter

    「ソラコムSIMとラズパイで日常をちょっと便利にするアイディア」

    北海道医療大学 歯学部歯学科3年 山下 雅稔

    • Twitter

    「米農家がチャレンジ!稲作IoT~秋編」

    竹内 稔

      「子豚の出産通知を作って直面した3つの課題」

      赤平 剛文

      視聴のお申し込み

      SORACOMイベント・セミナー開催における個人情報の取り扱い方針をご覧いただき、同意の上お申込みください。